HOME>ホットトピックス>パッケージ化された部材でコストを抑える建築方法

ネーズに応じた建物

男女

システム建築のメリットは耐久性に優れていることです。最も合理的な構造体として設計することが可能で、建築後は構造と建材を徹底的に検証をした建物になります。そのため工場や事務所、店舗などニーズに応じた建物を建てることができます。ただデザイン面での自由度は高いとは言えません。またコストに関しては在来の工法よりは、低く抑えることができますが費用は建て方でそれなりにかかり様々です。システム建築の倉庫の場合は丈夫で耐用年数が優れていることが特徴です。しかし建築後のメンテナンスで変わってきますが、基本的に骨格財の厚さが3ミリ以上4ミリ以下の建物は、耐用年数が24年でそれ以上の建物は31年となります。

強度と耐久性

間取り図

システム建築の建物は建築基準法に則って建てられています。低価格で短い工期で完成しますが、どの構造でも震度7の地震に耐えられる強度を備えています。そして耐久性の担保に関しては、メーカーごとに部材強度の向上が行われ工夫されています。

パッケージ化された部材

建築

見積もりの算出や費用計算が、パッケージ化された部材を使用するため容易なことがシステム建築の特徴です。コストプランを立てやすくなる理由は価格をある程度把握できるからです。見積もりはインターネット上の業者のホームページで調べることが可能です。

広告募集中